ヒアルロン酸とコラーゲンの違い

ヒアルロン酸の成分とは一体どんなものなのでしょうか。一般的には肌に良いと知られているヒアルロン酸ですが、コラーゲンなどの他の成分との違いが分からないという人もいるかと思います。どのような成分で、どのような肌の効果があるのでしょうか。

ヒアルロン酸はN–アセチルグルコサミンとグルクロン酸によって構成された高分子の物質です。眼球に詰まっている硝子体の成分として発見されたヒアルロン酸は、人間の体の細胞をくっつける結合細胞の主成分で、皮膚や筋肉を構成する主な成分となっています。発見された眼球のガラス体はもちろんのこと、人体が体の70%という大量の水を保持できるのもヒアルロン酸の役割が大きく影響しているのです

コラーゲンでは、コラーゲンとの違いはどこにあるのでしょうか。ヒアルロン酸もコラーゲンも人体の真皮に存在します。その皮膚の中でコラーゲンは網目を張っています。その隙間をヒアルロン酸が埋めることで水分を保っているのです。つまり、コラーゲンだけが足りていてもヒアルロン酸が無ければ保湿には十分とは言えません。

体の保湿に非常に大きな影響を与えるヒアルロン酸。肌の潤いにはコラーゲンだけではなくヒアルロン酸を多く取り入れることを意識することが重要です。

Pocket